2015年01月22日

柔軟剤公害

 禁煙・分煙、路上喫煙禁止条例・・・ 煙草に関しては日本全国様々な規制がされるようになっています。
 
 では、柔軟剤は???
 命に関わるような危険な化学薬品を使って残香性を持たせている柔軟剤、
 柔軟剤を使っている人は、煙草10本まとめて吸いながら1日中歩き回っているようなもの。
 まずは、その自覚を持って欲しいと思います。
 煙草は煙が見えるけれど、柔軟剤は何も見えない。
 見えないほうが恐ろしい、と考えるのは私だけでしょうか?
 煙草は、吸っている人がいたら、その気になればあらかじめ逃げて避けることができますが、
 柔軟剤は、その化学薬品を吸いこんで苦しくなってからでないと気が付かない。
 「私は柔軟剤を使用しています」という札を首にぶらさげて歩いている人は、今のところ見たことがないので!

 その昔、禁煙車両が始まったときのように、『禁柔軟剤車両』を作って欲しいものです。
 そしていずれ、全車両を『禁柔軟剤』に!

 そして、煙草の危険表示のように柔軟剤にも、
 「柔軟剤を使用し続けると、脳神経機能や生殖機能が侵される危険性があります」の表示を義務付けて欲しいと思います。

 昨年、ほとんどの合成洗剤メーカーが、合成洗剤や柔軟剤のマイナーチェンジをしている。
 商品名、ラベルは同じで、微妙な化学薬品の入れ替えをしている。
 原価が安く残香性の高い薬品に変わっている。
 安全性から遠ざかる行為に憤りを感じています。

posted by Noriyuki at 12:48| Comment(0) | 日記