2015年02月28日

化学物質”鈍感”症

 敏感ではないですよ、鈍感ですよ!

「あなたは、この危険な化学薬品を感じ取ることができますか?」

「いいえ、何も感じません。気持ちのいい匂いがするだけです。いい匂いがするからこれからもずっと使いたいです。」

「お〜、それは大変だ。あなたは重度の【化学物質”鈍感(どんかん)”症】です。その上、化学物質依存症も併発しているので、かなり覚悟を持った治療が必要です。」

「え〜?? 何も感じないことが病気なんですか? すぐに感じる人が病気だと思っていたのに・・・」

「外で飼っているワンちゃんに合成洗剤や柔軟剤や消臭剤をかけてごらん。きっと気が狂ったように逃げまどいますよ。野生動物は、いち早く身を隠しますよ。人間だけですよ、こんなものをわざわざ購入してニコニコしているのは。飲めば死ぬものを喜んで使う。【化学物質”鈍感”症】でなかったら【精神疾患】ということになりますよ」

「じゃあ、どうしたらいいんですか?」

「そこがダメなんです。自分で考えるんです。自分で調べるんです。自分で試すんです。それをしないから、何も感じない鈍感な身体になってしまうんです。鈍感になるから、あなたが発した臭いで苦しんでいる人がいても気づかないんです。
 加齢臭とは違いますよ!もともと加齢臭なんてものはないんです。自然臭なんです。誰でもその人その人のニオイを持っている。自然に発した自然のニオイで倒れる人はいません。
 でもね、化学薬品の臭いで犬が逃げまどうように、あなたの周りで、苦しんで逃げたがっている人がたくさんいるんですよ。同じ職場にいたら逃げられないでしょ! それ自体も極度の【鈍感症】なんですよ!
 ちゃんと考えて、ちゃんとした道を進まないと、人をさんざん苦しめた挙句に、いずれあなた自身がもっともっと大きな苦しみの渦中にはいってしまうんですよ」

「そんなことを言わずに、どうしたらいいか教えてください。」

「ダメです。ちゃんと自分で調べてください。そうしないと、あなたは『これが安全だよ!』って仲のいい人に言われたら、本当に安全かどうかなんて調べずに、ホイホイと使ってしまうでしょ! そういう人が多いから・・ そういう人の精神状態を利用した経済活動をする人が増えるんです。
 まずはあなたから、ちゃんと調べて一歩を踏み出してください。」

「は〜い、なんか大変だけど、やってみます。でも、それでもわからなかったら教えてくださいね。」

「一歩踏み出す人には、親切ですよ! 他力本願の人には冷たいですよ! がんばってね!」


 さあ、化学物質鈍感(どんかん)症から抜け出そう!!!
posted by Noriyuki at 11:36| Comment(0) | ひとりごと

2015年02月06日

デフレからの脱却???

 政界、官界、経済学者、マスコミなどが「デフレからの脱却」の大合唱し始めてどのくらいたつのだろう?
 私はいつも不思議に思う。
 「デフレからの脱却」って、「インフレ」にするっていうことでしょ!
 「インフレ」は言うまでもなく、物価を上げること!

 「デフレからの脱却」という表現を使わずに「物価を上げよう!」ってマスコミが大合唱したら国民はどんな反応を示すのだろう?

 全く同じ内容なのに、表現ひとつで正反対の反応を示す大多数の国民。

 さらにもうひとつ、
 物価上昇時期に必ず起こる現象として、『富の集中』がある。
 トヨタ自動車は、2期連続過去最高益を出している。
 世の中全体を見渡して生活が楽になったように見えますか?
 そうです。
 物価が上がれば、富が一点に集中するようになる。
 末端は何も変わらないどころか、収入以上に物価が上がり生活は苦しくなる。

 いずれ、大企業の富が末端に行き渡る? 信じている人いますか?
 今や、国内全資産の50%近くを、たった1%の企業や個人が持っている。
 残りの50%の資産を99%の人間で分け合う。
 その99%の人間が奪い合いをしたらどうなりますか?
 その隙をついて、1%の人たちが、50%どころか60%70%の資産を奪い取ってしまうようになるのです。
 今まで以上に低収入の人が増え続けることになる。

 そうならないためには、デフレ脱却はしないほうがいいのです。
 大企業と大富豪の資産を世の中に拡散させない限り、安定した世の中にはならないのです。

 デフレからの脱却、すなわちインフレに向かうということは、仕事は忙しくなり、ブラック企業の増加を招き、その割に収入は増えずに、人々の心と身体の疲弊を招くということなのです。

 マスコミの巧みな言葉に騙されないようにしましょうね!
 マスコミは、1%の大富豪・大企業からの収入で成り立っている、ということを忘れずに!

 1%の大富豪・大企業の人たちは、言葉巧みに世の中を操っているだけで、99%の人たちのため何かをしているわけではない。
 1%の人間の奴隷になるなかれ!
 1%の人間のために馬車馬のように動き回ることなかれ!
 企業戦士になるということは、1%の人間を喜ばせ99%の人間を苦しめることを一生懸命している、ということなのです。

 こんなことも頭の隅に入れながら、世の中全体を見渡してみませんか?

 
posted by Noriyuki at 21:32| Comment(0) | ひとりごと

2015年02月02日

gotousann

 イスラム国での日本人殺害、何でもありの極悪非道。

 私の勝手な予想・憶測、でもきっと大きくははずれていないだろう。
 極悪非道は、日本政府も同じ。
 日本政府は、最初から本気で助け出すつもりなどなかった。
 他国のどこかが助け出してくれればいいが・・・ くらいの軽い感じ。
 表情は、俳優以上のしっかりとした重い顔つきの演技をしながら・・・

 「だから海外へも自衛隊を派遣できるようにしなくてはいけないんだ」という筋道を、国民を丸め込みながら、納得せざるを得ないような形で発表するお膳立てを、いかにも救出のための話し合いと称して、夜な夜な検討していた。
 そして、殺害の事実が明らかになると、自衛隊に特殊部隊をつくって、邦人救出できるようにする、なんてことがすぐさま報道されている。
 日本政府の思惑通り。
 すでに、構想は出来上がっている。あとは外部環境を整えながら既定路線にまっしぐら。
 こんなタイミングで日本人がテロに殺害される、日本政府にとってこんな好都合なことはない。
 この日本政府を「極悪非道」と言わずしてなんという。
 本気で助ける気があるのなら、「テロには決して屈しない」なんて言葉を連呼するはずないでしょ!
 屈しない気持ちがあったとしても、まずは助けるための発言に徹するはずでしょ。
 場合によっては、どんな金額の身代金でも支払うでしょ。

 アメリカは、「身代金は決して支払ってはいけない」と言っているが、時には身代金を支払ってアメリカ人を救出しているでしょ。
 アメリカは、人質が誰であるかによって対処法を変えている。
 他国人であれば、当然最も強圧的な方法を支持する。
 この分かりきった内容さえも味方につけ、日本政府は、政策を強引に推し進めるために、日本人を見殺しにした。

 そして、今後日本人ももっともっと危険にさらされるようになるから、急ぎ、国家安全保障関連の政策を決めてしまわなくてはいけない。 まさに、安倍政権の思惑・筋道通り。
 人の命を踏み台にしてまでも栄華を掴み取りたい安倍首相、
 そうまでして軍需産業を盛隆させたいエコノミックアニマル企業、
(武器製造企業は日本国内だけでも数百社以上ある。そのほとんどが、原発関連企業の傘下にある)

 言葉巧みに国民をだまし続けることのできる恐ろしい政権、
 そう感じるのは、私だけでしょうか?

 

posted by Noriyuki at 16:08| Comment(0) | ひとりごと