2015年03月26日

PRTR法  GHS

【合成洗剤】と名のつく商品のほとんどすべてに、PRTR法の『第1種指定化学物質』に該当する化学物質が何種類も使われている。
 【合成洗剤】と名のつく商品のほとんどすべてに、GHSに基づく『区分1、2』に該当する化学薬品が何種類も使われている。

その成分のほとんんどに、生殖毒性 と 魚毒性 と 皮膚損傷 が はっきり認められている。 

 経済産業省、厚生労働省、環境省、消費者庁が、それぞれ、はっきりと“危険”と定めている化学薬品です。
 自ら、“危険”と定めておきながら、その化学薬品を使用した商品について、「安全性に問題はない」という。
 「きちんと管理しなさい」という法律があるのに、家庭用合成洗剤については管理しなくてもいい、と言う。
 それが、『大企業の出先機関』と揶揄される日本の省庁・政府の実態です。

 不思議なことに、日本では、これら危険な化学薬品を大量に使用した商品ほど、飛ぶように売れる。
 そして、医療機関は、世界に類を見ない忙しさに追われている。
 何も知らないとはいえ、自ら代金を支払って、危険な化学薬品の長期人体実験の治験者になっている日本人に敬意を表したほうがいいのだろうか?
 でもね、これから生まれてくるであろう次世代の子たちは、決してそれを望んでいないと思いますよ!



PRTR制度 とは、人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質が、事業所から環境(大気、水、土壌)へ排出される量及び廃棄物に含まれて事業所外へ移動する量を、事業者が自ら把握し国に届け出をし、国は届出データや推計に基づき、排出量・移動量を集計・公表する制度です。
平成13年4月から実地されています。

対象商品
PRTR制度の年間取扱量や排出量等を把握する際に対象となる製品(取扱原材料、資材等)の要件は、対象化学物質(第一種指定化学物質)を一定割合以上(1質量%以上。ただし、特定第一種のみ0.1質量%以上)含有する製品であり、代表的な種類としては、化学薬品、染料、塗料、溶剤等が挙げられます。
なお、事業者による取扱いの過程で対象化学物質が環境中に排出される可能性が少ないと考えられる製品については、事業者の負担等を考慮し、例外的に把握の対象外としています。
例外とされるのは、以下のような製品です。

例外とされるものの代表が、家庭用合成洗剤と家庭用殺虫剤です。
これっておかしいでしょ。

GHSとは、大雑把に言えば、化学品の危険有害性表示の世界基準。
区分1と区分2 は、【飲み込むと生命に危険】を及ぼすもの。

この区分1と区分2の化学薬品がこれでもかと使われている。それが、家庭用合成洗剤と家庭用殺虫剤。
製造企業も監督官庁も政府もそんなことは百も承知!
その上で『安全だ』と連呼する。

原発と全く同じ構図。

こんな状況下におかれても、「気のせい」「考えすぎ」「誰かが何とかしてくれる」「今、自分は大丈夫だから」なんていう人が大半を占める日本。

 私が狂っているのか? 世間が狂っているのか?  今のところ、私が狂っているようです(笑)

posted by Noriyuki at 09:13| Comment(0) | ひとりごと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: