2016年03月12日

幸田町が「香料の使用自粛のお願い」の案内を発行

 幸田町には町立の保育園が8つあります。
 8つの保育園が一斉に「香料の使用自粛のお願い」という案内を出しました。
 やっと一歩前進です。
 今までどこにどれだけ働きかけても全く対応してもらえなかったのですが・・・

 今回の対応は、役場において保育園の「父母の会」の各園の会長が集まる会合において、ひとりの母親の発言がきっかけで一気に役場が動いてくれたようです。
 同じように苦しんでいる人がたくさんいる、会合の中でその事実がはっきりし、初めて役場がその事実を認識したようです。

 親の直接の発言は重みがある! お役所は住民の直接の声で動く!
 普段、遠慮しがちの人が、勇気を振り絞って発言すると、その重みは一層増す!

 今回の役場の対応は異例の速さ!
 それなりの資料は、役場には十分あったはず! しかし、今までは「知らぬ存ぜぬ」を貫き通していた。
 苦しむ子供を持つお母さんの勇気があったからこそ、だと思います。

 この第一歩を次につなげていって欲しいと思います。
 幸田町には6つの小学校と3つの中学校があります。
 合計9つの学校では、毎年、合成洗剤メーカーがサンプル配りを兼ねて環境講座を開催しているようです。
 環境破壊や皮膚障害や神経障害が明白な化学薬品(国際基準ではっきりと「有害」と指定している)を使った商品を全校生徒に配布して”環境講座”??? せめてこうした行事だけはなくして欲しいものです。
 学校で配布されれば、多くの親は「それが良いもの」と思い込んでしまう。自ら調べることもなく!
 この悪循環だけは何としても断ち切って欲しい。

 そのための第一歩が自然消滅していくことがないよう、ひとりでも多くの人が、ことあるたびに、役場に向けて声をあげていってくださいね。

 合成洗剤や柔軟剤は、法律上は何の問題もなく販売できる商品かもしれませんが、PRTR法において、有害化学物質に指定され、厳重な管理が義務付けられている化学薬品です。
 その危険な化学薬品が、家庭用として使用する場合はその管理が免除される、という例外規定によって、多くのスーパーやドラッグストアで販売されている。
 この事実をひとりでも多くの人に知っていただきたいと切に願っています。

 

 
posted by Noriyuki at 11:47| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: