2014年08月12日

岐阜市の化学物質に対する取り組み

 まずは、下記のページをご覧ください。
 http://www.city.gifu.lg.jp/item/14385.htm#Contentpane

 岐阜市のHP ⇒ 重要な施策・事案 ⇒ 化学物質過敏症の取組 ⇒ 化学物質に関する取組 ⇒ 『香料自粛ポスターの掲示』 ⇒ その他の取組・資料 ⇒ 「A4版・A3版ポスター」

 このポスターをいろんなところに貼ってください。

あわせて、
「学校樹木等の無農薬管理について」も見ていただきたいです。
そして、
『ちょっと待って、住宅地などでの農薬散布』と
『校庭樹木等の無農薬管理についてのポスター』
をプリントアウトして、あちこちに配布してください。

 あなたの町の施設、あなたの地区の学校、お子さんの通っている幼稚園・保育園でもこれらのポスターを貼ってもらってください。


 ここで問題になっている化学物質の多くは、過敏症だけの問題ではありません。
 私は、これらの化学物質を大量に浴びることによる遺伝子異常 ・・・ 次世代への影響を最も危惧します。
 今、小さなお子さんが、大人になって、子どもを授かる年齢になったとき、その授かる子どもへの影響が一番怖いのです。
 現在の日本は、世界に類を見ない勢いで、生殖異常が発生しています。
 不妊症もそのひとつです。
 胎児の無脳症は、精神的にもショックが大きいです。
 先天性異常と言われる症状の人が急増しています。
 これ以上増えないようにするために・・・

 いつ誰に発症するか分からない、それがこれらの化学薬品の最も恐ろしいところです。
 こうした危険のある化学薬品を、少しでも日常生活から減らしていきたい。

 真剣に考えてくれる人が、ひとりでも多く増えることを願ってやみません。
 ひとりでも多くの人が、日々の生活から少しでも化学薬品を減らす行動をとってくれることを願ってやみません。

 ほんの一部とはいえ、行政機関も真剣に動き出しました。
 しかし、住民の後押しがないと継続することはできません。
 既に、化学薬品メーカー(日本農薬工業会や石鹸洗剤工業会など)が、政治・官僚の力を使って圧力をかけ始めています。
 真剣に住民のことを考えた行政活動が圧力によって中断させられるかもしれません。
 私は、過去にたくさんの圧力に屈せざるを得なかった行政機関を見てきています。
 同じ繰り返しをしないためには、なんとしても住民の後押しが必要なのです。

 声を上げて、行動を起こしてくださいね!
posted by Noriyuki at 19:17| Comment(0) | お願い

2014年03月21日

公立学校が合成洗剤を配布

 またまた、またまた、・・・
 度重なる、全校生徒へのサンプル配布に怒りさえ覚えます。

 今回は、ライオン。今週の話です。
 トップをはじめ、5種類の合成洗剤(シャンプーリンスも)のサンプルを、きれいなファイルに入れて全校生徒に配布。
 私の地元、幸田町立坂崎小学校にて!
 この学校では、もう何年連続で、これらを全校生徒に配布しているのだろう???

 毎年、花王がアタックやメリットのサンプルを配布しているが・・・
 負けてはいられない・・・ とばかりにライオンも。

 P&Gは、産婦人科にサンプルをばらまいている。


 私の怒りは、最近では、これらの大手合成洗剤メーカーよりも、それらを受け取って、のうてんきに配布をする学校関係者や産婦人科医院に対する怒りのほうが大きい。

 世の中全体に、これだけアレルギーの人間が増え、アトピー性皮膚炎と診断を受け苦しんでいる人がいるのに、そのもっとも大きな原因となっている宣伝商品を、平気で配布する。
 無知にもほどがある。
 教育者が、合成洗剤の有害性も知らない、これは”恥”としか言いようがない。
 有害性が分かっていて配布をしているのであれば、それは”虐待”? になるのかな?

 アレルギー発作の対策も、今となっては必要だが、その前に、アレルギーの根本原因をもっと真剣に知ろうとすべきなのでは・・・

 最近、三河地方では、再び川崎病が流行りだしているという。
 伝染病でもないのに流行りだすとは???

 その昔、川崎病の最大原因は、「合成洗剤」と言われていた。
 しかし、原因不明・・・ とあやふやに揉み消されていった。

 柔軟剤の大流行と、超・超コンパクト洗剤、その上、超節水型洗濯機、再び大流行も当たり前。
 私にはそう思えてならない。

 なぜ公的機関や医療機関が、合成洗剤の広告塔の役割を果たしているのか?
 到底理解できない世の中だ。
posted by Noriyuki at 15:27| Comment(0) | お願い

2013年10月24日

芳香剤

 まだまだ毎日、柔軟剤の香りを漂わせた人が来店されます。
 昨日は、強烈な人が2人いました。

 おふたりには、新聞の切り抜き記事をお渡しして、香り付き柔軟剤を使わないようにお願いしました。
 午前中だったので、1日中頭痛気味でした。

 夕方、頭痛気味が治まったな・・・ と思っていたら、再び臭い付きの人が・・・

 ”おかしいな〜、この人はず〜っとシャボン玉石けんしか使っていないはずだけど”

 わかりました。
 車の芳香剤です。

 「柔軟剤」というとそれだけだと思ってしまう人が多いようです。

 実はどれも同じです。
 お部屋用・お車用・トイレ用  み〜んな全く同じなんですよ!

 私は、合成洗剤を使っているお宅では、よほどのことがない限り、トイレはお借りしません。
 合成洗剤を使っている方は、トイレにも芳香剤を使っていることが多いからです。
 密室に芳香剤が充満している。とても耐えられたものではありません。


 また、友人や仲間たちと遠出をするときは、基本的には私が車を出します。
 合成洗剤を使っている友人の多くは、車に芳香剤を使っています。
 苦痛に耐えながら車に乗り続けることはできません。
 だったら行かないほうがいい。


 何度も何度もしつこく言います。

 『化学香料』は有害です。
 
 現状のまま長らく放置されると、『アナフィラキシー』で卒倒、ときに命に関わる人も出てくるだろう。
 
そのとき、化学香料を日々使っている人は、間接加害者ではなく、直接加害者になるのです。

 水俣病の水銀を垂れ流しした会社と同じことをあなたがしたことになるのですよ。
 知っていたか知らなかったかは関係ない。
 事実としてそうなってしまうのです。

 大袈裟ではなく、実はそれほど大きな問題なのです!

 そういうものがマスコミで大々的に宣伝され飛ぶように売れている今の日本の社会。
 政治も企業も異常ですが、それに多くの人が流される。
 
 企業は、いくら宣伝しても売れなければすぐに売るのをやめます。
 大企業であればあるほどはっきりしています。

 世の中に有害なものを広めているのは、企業ではなくマスコミではなく、実は消費者なのだ。
 このことをしっかり受け止め、日々の購買活動をしましょうね。

 あなたが、環境に・健康に悪いものを買い続ければ、あなたが世の中に悪いものを広めていることになるのです。

 まずは、すべての化学香料、いますぐ廃棄して、一切購入しないようにしてくださいね!

 どうしても香料が欲しかったら、天然素材100%で化学薬品処理を一切施していないものを使ってくださいね。
 価格は張りますが、少量を大事に効率的に使えるようになりますよ!




 
posted by Noriyuki at 11:05| Comment(0) | お願い