2016年02月19日

インフルエンザ

「インフルエンザの大流行」
今年も遅ればせながら、何とかインフルエンザが大流行してくれました。ホッ・・・
ここで一句「インフルエンザの大流行、製薬会社はホッと胸をなでおろし」

 社員の人たちは、これでほぼ、3月の臨時ボーナスを手中にした。
 役員の人たちは、株主に胸を張って業績報告をすることができ、我が身を守ることができた。
 みんな丸く収まってよかったね!
 次は、今年の秋に向けて・・・ 今シーズン以上にインフルエンザの予防接種を受ける人が増えるように、政府やマスコミにしっかり金をばら撒いて・・・

 製薬会社は、いったい何を目指しているんでしょうね???
 上記は、作り話ではないんですよ!
 約20年前、私自身が、とある製薬会社の課長さんから直接聞いた話なんです。
 その会社では、風邪やインフルエンザが大流行すると臨時ボーナスが出る。
 臨時ボーナスは、自社株式で渡される。
 ほぼ毎年臨時ボーナスが出る。役職によってもらえる株式数が変わる。
 私が会った課長は、その当時、ほぼ毎年200株受け取っていたという。
 額面500円で200株、10万円のボーナスです。
 それくらいなら、大変な思いをして世の中のために働いているんだからいいよね・・・ なんてことを言っていてはダメですよ!

 額面は500円でも、当時、証券取引市場では5000円くらいで売買されていた。10倍です。
 つまり、通常の給料・ボーナスとは別に、100万円ものボーナスをもらったことになる。
 「10年くらい前に500株(額面で25,000円分)もらったことがあるが、そのまま持っているから、今売ると250万円になる、だから、株価が下がると困るんです。この臨時ボーナスを何年かまとめて、株価が高い時に株式を売却して家を建てる人が多いんです。子どもの大学費用もね。私もそうでしたが・・・」とその課長は言っていました。

 こういう人たち・こういう会社が、株価を気にして一喜一憂しているんでしょうね。
 だから、株価が上がるための経済政策を後押しする。
 たとえ、原発反対・集団的自衛権反対の考えを持っていても、経済政策を優先に自公に勝ってもらわないと困る。

 インフルエンザが流行する、ということは、経済政策や選挙にも大きく影響するんですよ。
 逆に、政府は、毎年毎年何が何でもインフルエンザが流行してくれないと困る。
 そうなってくれれば、みんなの利害が一致して “めでたし・めでたし” なんです。

 そんなこととは露知らず、末端国民は、「インフルエンザ予防接種の期間限定の無料化」と「中学生以下の医療費無料化」に感謝しながら、予防接種を受け、周りの人たちにも強要し、そしてインフルエンザに罹る。
 医療費無料をいいことに、無駄な診察・投薬で医療機関は大流行! ボーナスが出て株価上昇!

 予防接種を受けた人たちが、インフルエンザの大流行を作る。私にはそう見えますが・・・

 原点を見誤ると、どこまでいっても間違ったままです。
 「インフルエンザって何???」まずはそこからスタートしてみませんか?

 これは、そのまま【抗がん剤】をつくる製薬会社にも当てはまりますね! クワバラ・クワバラ・・・
posted by Noriyuki at 10:52| Comment(0) | ひとりごと

2015年12月19日

前提と結果

 久しぶりの書き込みです。
 パソコン不調期間が長引き、やむなくパソコンを買い替えたら、パスワードがわからなくなり・・・
 やっと、パスワードのメモを探し出し、本日に至りました。

【政治家、官僚、大企業、御用学者の共通点】
≪前提≫ 
 Aという化学薬品は、飲み込むと生命の危険があります。
 Bという化学薬品は、皮膚を腐食させます。
 Cという化学薬品は、目に入ると失明の危険があります。
 Dという化学薬品は、神経毒性があります。
 Eという化学薬品は、生殖毒性があります。
 Fという化学薬品は、アレルギー反応を起こします。
≪結果≫
 A〜Fを混ぜた化学薬品の安全性試験はしていませんが、
 A〜Fを混ぜた化学薬品は、少量なら安全です。

いかがですか? 上記の前提と結果、みなさんは受け入れられますか?
でもね、現実は、≪前提≫には基本的には触れずに、≪結果≫だけを、マスコミをとおして垂れ流す。
そうして、日本中のほとんどすべての家庭に合成洗剤・柔軟剤・消臭剤・芳香剤・家庭用殺虫剤が置かれるようになった。

 どのように判断したら、上記の前提条件から上記の結果を導き出せるんでしょうね?

 話は変わりますが、日本全国、田舎に行けば行くほど農作物の「鳥獣被害」が頻発。
 乱開発で動物たちの棲家を奪っているからなのですが・・・
 これを防ぐ方法は、実はものすごく簡単なんですよ!
 ここからは入って欲しくない、というところに、合成洗剤と匂いのきつい柔軟剤を大量に撒けばいいんです。
 税金から鳥獣対策予算をばらまくのではなく、皆さんの家庭にある化学薬品をばら撒けばいいんです。
 本当に安全ならそうすればいいのでは???
 ものすごく安上がりですよね。
 花王さんやライオンさんやP&Gさんやジョンソン&ジョンソンさんからドラム缶で購入すればいいのでは。
 「地域の環境保全に協力してください」と言えば、無償で提供してくれるかも?
 大手合成洗剤メーカーは、「環境保全」という言葉にものすごく敏感ですよ!

 でもね、本当にばら撒くと、きっと罰せられます。
 なぜなら、命に関わる危険な化学薬品で、家庭用以外に使う場合は、厳しい制限が課せられているので。
 罰せられなくても、現実には使えないです。
 なぜなら、農作物が育たなくなってしまうから!
 周辺の立木もみんな枯れてしまいますから!

 それが、なぜなのか? 家庭内で使うときだけ”安全”という判断になってしまう。

 オリンピック誘致がらみで、日本の首相が「放射線はきんちんと管理され、完全にブロックされている」と発言していましたが、全く同じですよね。
 福島では「〇月〇日〇時〇分、〇〇〇〇リットルの汚染水漏れ」いまだに日常茶飯事として頻発しているのですから。
 そういえば、東京隅田川の水を定期的に放射線量検査しているグループがあるようです。
 近隣で大規模なビル工事・道路工事があるたびに、放射線量が跳ね上がっているそうです。
 病院のレントゲン室の立ち入り制限以上の放射線量が計測されるのは、もう慣れっこになってしまって驚きもしない、とか・・・
 きっと避難指示が必要なほどの線量も出ているんでしょうね。

 政治家が「〇〇は安全です」と言ったら、「”わざわざ安全ですと言う”ということは、非常に危険な状態なんだ!」と考えれば、ほぼ間違いのない判断ができるようになるでしょう。

 結果だけを聞いて「大丈夫なんだ!」ではなく、必ずその根拠となる前提をしっかり把握する努力をしましょうね。

posted by Noriyuki at 10:59| Comment(0) | ひとりごと

2015年07月27日

スマートメーター

 この7月から、中部電力管内でも本格的な設置がスタートした。
 「アナログメーターの交換にして欲しい」「スマートメーターは付けないで」という要望に対して、ほとんど聞く耳も持たず、強制的に設置を完了させているようだ。

 強制的にスマートメーターに取り換えることが許されるのか?
 以下の記事をご覧になりながら、みなさん考えてみてくれませんか?

 http://dennjiha.org/?page_id=10623

 マンションなどに住んでいる方にとって、マンションそのものが電磁波発生装置になってしまうのではないか? と危惧しています。
 今まで何ともなかった人が、気が付いたら「電磁波過敏症に!」
 本人は何もしていないのに、ただそこに住んでいるというだけで・・・

 そういう危惧、いや、危惧だけでなく、既に本格的な設置がスタートしている関西電力管内では、転居を余儀なくされた人も出ている。
「これを ”弱い者いじめ” と言わずして何と言う!」

 国が全面的バックアップをして、電力会社に、弱い者いじめをさせている。
 メリットのある者たちが、メリットのない者たちをいじめ抜く。

 学校のいじめ問題、常々騒がれているが、社会全体がイジメ社会なのだから、増えることはあっても減ることは決してない。
 もし、本当にいじめのない社会を目指すのなら、上記のようなことにも真剣に目を向ける社会にすることが先決だ。

 人間味ある、正義感のある、公平性のあるマスコミはないのか?
 どうして、上記のような問題を、もっときちんと取り上げないのか?
 分かっていて、見て見ぬふりをする、これこそがイジメが社会に蔓延する根源的要因だ。

 個人レベルでも同じです。
 私は関係ない、そういう人が増えれば増えるほど、イジメ社会が増幅されていくのです。

 今現在、電磁波に過敏であってもなくても、まずはあなたが「我が家にはスマートメーターを設置しないでください」とはっきり言ってくださいね。
 対応してくれようがくれまいが、意思表示だけはしっかりする。
 その積み重ねが社会をつくるのです。

 弱い者いじめの典型的事例、として「スマートメーターの強制設置」を取り上げてみました。
posted by Noriyuki at 17:08| Comment(0) | ひとりごと