2013年05月19日

シャンプー

 近隣の学校や幼稚園で全校生徒に配布されていたシャンプーの主成分だけ説明しておきますね!




「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液」効果や安全性

  配合目的:合成界面活性剤 洗浄剤

  効   果:洗浄

  安 全 性:注意が必要

<成分の概要>

 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液とは、合成界面活性剤の一種。

 非常に洗浄力の強い成分であり、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naと同じく、避けたほうが良い洗浄成分の一つです。

 長期間の使用により、肌や頭皮へのダメージに繋がる心配があります。合成界面活性剤、洗浄剤に分類される成分です。

<別名や類似成分>

 POEラウリルエーテル硫酸アンモニウム液 │ ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム(1E.0.)液 │ ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液

<効果や作用>

 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液には、洗浄としての効果があります。

<安全性・毒性・注意点>

 刺激の強さや毒性の心配があり、避けたい成分の一つです。

<強すぎる洗浄力と経皮毒による悪影響>

 ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム液は、肌や頭皮から皮脂を洗い流す反面、その強い洗浄力で肌に刺激やダメージを与えてしまいます。

 また、頭皮にとって必要な水分や皮脂まで根こそぎ取り去ってしまうので、『健やかな頭皮環境』のためには避けたほうが良い成分と言えます。

 また、長期間使用することで、皮膚表面から成分が浸透してしまう危険性も指摘されています。

 ヘアケアにとってプラスになる要素のない成分ですので、毎日使用するシャンプーに配合されている場合は、避けたほうが安心でしょう。

 使い続けることで、かゆみ・頭皮環境の悪化・毛髪の弱体化などのトラブル原因を作り出してしまいます。


 いかがですか?
 こういう成分、こどもにはどうしても使って欲しくないのです。

 みなさん、しっかり調べて、しっかり考えてくださいね!

 
posted by Noriyuki at 16:20| Comment(1) | 石けん

2012年08月01日

無添加?

 『無添加』の言葉が大流行???

 悲しいかな、『無添加』の言葉に法的規制はないようだ。
 「無添加食品」にんぽう倶楽部が他のお店と同様に扱われるのが悲しくなるくらい「無添加」の大安売り!

 それと同様に、「植物性原材料から作られた〇〇」なんて言葉も大流行。

 植物性油脂から合成界面活性剤を簡単に作ることができること、みなさん知っていますか?
 植物性油脂でつくれば安全、なんて考えたら大間違い!
 合成界面活性剤は、あくまで合成界面活性剤なのです。

 「原材料」「作り方」「添加剤」そのすべてについての吟味が必要です。

 「〇〇由来」「〇〇エキス」などの原材料名があったら要注意です。


 企業姿勢・・・宣伝文句に使われる上辺の言葉ではなく、その企業の主力商品が本当に安全なものかどうかを確かめることが大切です。
 主力商品が安全でなものでなければ、他の商品でどれだけ安全を主張していてもその企業を信用してはいけません。
 必ず、どこかに誤魔化しがあるはずです。

 誤魔化しが当たり前になってしまった今の日本。
 売られているものを見れば、その国の政治もわかる。

 政治不信の基を作ったのは、国民の消費生活のあり方が原因なのでは? と私は感じてしまう。

 「無添加」の言葉ではなく、その中身を見極める習慣をつけましょうね!
posted by Noriyuki at 23:05| Comment(0) | 石けん

2012年06月30日

定例勉強会

 今日で今年の半分が終了!
 早いですね!
 けじめの定例勉強会、すこし賑やかになるといいな〜 と思っていました。
 残念ながら・・・ 本日は3名。
 今日はものすごく内容の濃い勉強会?(私が勝手に思っているだけですが)
 3名の方にはしっかり伝わってくれたと思います。

 アトピーがひどい、肌の手入れが今ひとつ、健康や環境のことをもっとしっかり知りたい、そういう人は多いと思うのですが、そのために時間を使おうとしてくれる人はものすごく少ない。

 ほんの少し、じっくり知ろうとするだけで、ものごとの本質がしっかり見えてくる。
 じっくり構えることが全くないと、すべてが上辺の情報だけになってしまう。
 上辺の情報だけで動いている人で、アトピーから脱却できた人はいないだろう。

 少し掘り下げて知ろうとする労力を惜しんでいるうちは、解決の糸口はみえないだろう。

 できない理由を挙げている間も同じだろう!

 人が集まっても集まらなくても、私の根気が続く限り、毎月定例勉強会を続けるつもりです。

 本気の人”集まれ”
posted by Noriyuki at 16:53| Comment(0) | 石けん