2016年03月12日

中学生の自殺

 世の中には不条理なことが山ほどある。
 そんな中で、どのようにして自分を失うことなく生き続ける力を身に付けるか・・・
 そうした力が身に付くような社会環境をどのように整えていくのか・・・
 そのスタートライン、最少単位は”家族” 私はそう思っている。

 家庭でこうしたことを意識せずに子育てし、子供が成長した時に世の中の不条理にさらされる。
 耐えられない人間が増えるのは当然と言えば当然なのでは???

 学校が悪くない、先生が悪くない、なんていう気は毛頭ない。
 しかし・・・
 あまりにも学校や先生になんでもかんでも押し付けて、その上その責任までもを押し付けすぎていないだろうか?
 「あってはならないミス」かもしれない。
 あってはならないミスも犯してしまうのが人間。
 その瞬間に、マスコミも世間も集中砲火のように一人の人間一つの組織を責めあげる。

 責めている人間たちは、それまでの間にそうしたことが起こらないために何をしてきたというのだ。
 何もしないでその瞬間・瞬間にだけ、したり顔で非のある人間を責めたてる。

 マスコミもそうだ。
 ここまで学校を責めあげるのであれば、どうして福島の事故の責任者を責めあげないのだ。
 力のないものを責めたて、力あるものにひれ伏す。
 それこそが教育界をも腐敗させる大きな要因のはずだ。

 自らが腐敗させる社会環境を作っておきながら、その中で必死で生きている弱い人間を追い詰める。
 この部分を見直さない限り、今後も同じような事件が起こり続けることは明白だ。

 教員は、「腐った文部科学省や教育委員会」と「父兄や社会環境」の板挟みになって疲弊しきっている。
 教員にすべての責任を押し付け、押し付ける連中は批評・批判ばかり。

 教員が、真に子どもたちのためだけに働けるような環境を整えることが何より大切なこと。
 教育委員会や文部科学省のために仕事をしているのではない。
 また、本来、親がすべきことを代行するのが教員の仕事ではない。

 この部分を置き去りにして、なんでもかんでも教員に押し付けている限り、皆さんが考えうような学校にはなっていかないだろう。
 どんなに強い信念を持って教員になった人でも、今のような社会環境が続けば、責任を取らされることがないように、できるだけ余分なことはせずに、言われたことだけをこなす(こなすだけで早朝から深夜までというのが実情だ)、という仕事の仕方になってしまうだろう。

 私は、教員がお役所的に責任逃れの言葉を並べ立てる姿には辟易していますが、その原因をつくっているのはその周りの人たちである、と思っています。

 誰が・・・ ではなく、まずは自分自身が責任ある言動をしていく、それがすべてのスタートライン。

 その場限りの犯人捜しを楽しむのではなく、こうした事件がおこりにくい社会環境を、ひとりひとりが自覚を持って作っていこうよ!
 人を責める前に、まず自分自身の胸に手を当てて・・・

 間違えて欲しくない、みんなが同じ方向を見て同じことをする(させられる)、それがまわりまわって大きな事件の要因になることもある、このことは忘れないで欲しい。
 
posted by Noriyuki at 09:51| Comment(0) | 日記

2016年02月06日

選挙対策 姑息なパフォーマンス

 現政権が憲法9条の改正に本腰を入れてきた。
 公明党が「待った」をかけている。
 見え見えのパフォーマンスだ。

 自民党が票を取れそうなところに金をばら撒く。
 公明党が戦争はさせないというポーズを取る。
 金をばら撒いてもらった人は、もっともらうために、自民党か公明党に投票する。

 見事現政権が勝利すると、「待った」をかけていたはずの公明党も、相変わらずブレーキをかけているポーズをとりながら、憲法改正の道に走る。

 このシナリオ通りに進んでしまったら・・・
 実は、昨年の春にすでに戦争は始まっていた、ということになる。
 第2次世界大戦前と同じ状況なのか?

 そんなことはつゆ知らず・・・
 多くの国民は、戦争や武器製造、武器輸出、原発輸出には目もくれず、経済政策に我欲むき出しで、1円でも得をしようと考えている。
 自分のところに何らかの恩恵があればそれでよし!
 結果として、自民党と公明党で3分の2の議席を獲得する。

 次の対策が、政府の方針に異を唱える人間への法的圧力だ。
 個人情報保護法、マイナンバー制度、著作権法、とどめが「非常事態宣言法」といったところか。
 さまざまな場面で、権力者の一存で取締りできる体制が整いつつある。

 国民を騙し犠牲にしてまでも私欲を満たそうとする権力者たち。
 そうしたことに見向きもせずに、今目の前を楽しむことに精一杯の主婦連、そんな国に未来はあるのだろうか?

 自民党と公明党の姑息なパフォーマンスに、いつまでどれだけのひとが騙され続けるのだろう?
posted by Noriyuki at 15:11| Comment(0) | 日記

2016年01月28日

「香害」柔軟剤

「香害」
 臭いがきつくなればなるほど、使っている人は鈍感になっていき、使っていない人への被害が大きくなっていく。
 中枢神経毒性がはっきりしている化学薬品に何の規制もしない、経済効果が上がるのなら狂った人間増えることさえ歓迎しているかのような今の日本の政策。

 韓国で販売されているベトナム産の柔軟剤「ダウニー」(P&G社製)に【グルタルアルデヒド】という化学薬品が使われていることが判明した。
 このベトナム産の「ダウニー」は、日本でも大量に販売されている。
 【グルタルアルデヒド】という化学薬品は、GHS(化学品の分類および表示に関する世界調和システム)において≪中枢神経毒性「区分1」≫という、最も危険毒性が高いという指定を受けている。
 GHSで定める「区分1」というのは、人が死に至る可能性が高い化学薬品のことです。
 日本の厚生労働省は、他の一般的な化学薬品と区別して、取り扱い事業場に対して「取り扱いには特に注意し、法に基づいた徹底した管理をすること」と勧告している。
 中枢神経に異常をきたす化学薬品、おそらく、国産の他の柔軟剤にも使われているのだろう。
 これだけ危険な化学薬品が使われていても、柔軟剤には化学薬品名を表示する義務がない。
なんともおかしな日本の法規制。

 また、花王(株)化学品研究所 C&S商品開発センターのホームページによると、柔軟剤の主成分は、陽イオン系合成界面活性剤の「第4級アンモニウム塩」ということだ。
 「第4級アンモニウム塩」の細菌類に対する強い殺菌作用と細胞破壊・細胞死の作用を利用した製品が「柔軟剤」と説明している。
 細胞破壊・細胞死を引き起こす化学薬品、それが「第4級アンモニウム塩」ということになります。
 皮膚細胞を破壊し、体内に浸透していく化学薬品です。
 体内に浸透していけば、体内の細胞をも破壊・死に至らしめます。
 まずは、柔軟剤とはこういうものなんだ、ということだけはしっかり認識していただきたいと思います。

 話は変わりますが、自動車業界では、新車販売台数に占めるハイブリッド車の割合が50%に迫る勢いだという。
 にんぽう倶楽部の入り口の表示「柔軟剤・整髪料等を使用している人の入店お断り」にはお構いなしに、いろいろな方がお買い物にお見えになります。
 中には、一瞬にして強烈な臭いを店中に充満させるほどの人もいます。
 私なりに観察していると、強烈な臭いをさせる人の多くが、不思議なことに「ハイブリッド車」に乗っているのです。
 強烈な臭いをさせている人が乗っている車種ベスト3は、第1位「プリウス」第2位「レクサス(各種)」第3位「アクア」なんです。これまた不思議なことにすべてトヨタ車。ホンダのハイブリッドに乗っている人もたくさんいるのですが、トヨタ車に比べると強烈な臭いの人は少ないのです。
 ハイブリッド車の電磁波の強さは刻々と変わるようですが、トヨタのハイブリッド車は全体的に高いようです。
 電磁波は、化学的には証明されていませんが、中枢神経に異常をきたす、という研究結果を発表している学者さんがたくさんいます。
 「電磁波」や「柔軟剤の化学成分」に極端に鈍感(どんかん)になっている。
つまり、既に中枢神経に異常が起こっているのでは??? 無関係ではなさそうです。
posted by Noriyuki at 11:44| Comment(1) | 日記